読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO THE TOP

まるっと恋に落ちたから いまさら止められるわけないじゃん

一歩一歩近い道などないなら。

裕翔くんんんんんんん!!!!!

f:id:ukisuki005:20170309121212j:image

 

2017年4月クール!

日テレ水曜10時枠!

「母になる」

児童福祉司 木野 愁平役

決定おめでとううううううう。・゚(゚^ω^゚)゚・。

 

某赤坂局の日9枠の噂が流れて

毎日毎日解禁を期待して、容量空けて

夏目ちゃんを録画した日々。笑

(いま思えば、ソースどこ案件。笑)

でも、赤坂局の日9の夢は儚く散って。涙

 

未定のツアー日程を思うと、

「今年はお芝居のお仕事はなかなか難しいのかなぁ」

それでも「また早々にお芝居のお仕事が来るといいなぁ」

なんて思いながら。

だけども、当たり前にコンスタントに

お芝居のお仕事が来るなんて

期待はしても驕ってはいけないな、と思ってもみたり。

 

だがしかし!

やっぱり決まったらうれしーーーーーー。・゚(゚´ω`゚)゚・。

不意打ちすぎて、ZIP!張ってもなければ見れてもないけど。

またひとつステップアップ出来たらいいね。

 

先日の日本アカデミー賞を見て。

今年の受賞者発表の時は、悔しいなって思ったけど。

(昨年、やまだが獲ってるから余計にってのもきっとあるよね。)

まだまだあそこには立てないなぁと思いました。

賞レースに名前を連ねることが、評価ではないけども。

数ある仕事の中から「俳優」を志す以上

いつか立って欲しいって願います。

 

そのための刺激的一点となりますように。

 

ドラマが決まったら、お赤飯炊こうって思ってたから

近々炊こう~っと(●^p^●)♡

 

色々あるけど

春がちょっとたのしみ!

 

2017年3月8日

UKI

いつかまたね交点の先で

帰り道に頭の中を掠めたのが

このコトノハで。
そうは言いたくないし、
思いたくもないけども、
ぴったり来てしまうコトノハだった。
 
そんな時にまで翔さん。
 
そんな時だから翔さん、なのかな。
 
翔さんのコトノハの元に
生まれ育ってきたから仕方ない。
 
 
お友達が続々と「沼」に落ちていく。
なにぶん私もかれこれもうすぐ丸2年。
同じ沼の住人に変わりはないんだけども
沼に落ちていく友達を見て
その過程がとてもとても楽しかったことを
思い出すし、人が沼落ちしていくのは面白い。
イケイケドンドン!と思ってしまう。笑
 
沼の楽しさが加速すると
今まで通常運転で愛でてきたものを
感情や行動が越えてしまう瞬間が訪れる。
ん?いよいよヤバいぞ…っと。
 
その時、岐路に立たされる。
 
「今まで長年愛してきたもの」と
「今、愛してやまないもの」
どちらに注力していくべきか。
 
私は公私共に、白か黒、〇か✕。
はっきりしないと気が済まない性格なので
私の選択肢の中には、グレーも△も無かった。
 
だからいよいよ沼の深みにハマった時。
「長年愛してきた翔さん」と
「今ココロが動いて仕方の無い裕翔くん」
どっちに注力していくべきか窮地に立たされた。
 
器用じゃないから掛け持ちなんて出来ない。
でもここまで着いてきた
翔さんから離れるのか?
裕翔くんに対する感情は
一時的なものでないか?
意を決して挑んだワクワクでも
決断するどころか、余計に混乱して帰ってきた。
 
そんな時に言われた。
「好きなものを減らす必要なんてないよ!」
「どっちも好きなら、どっちも応援したらいいじゃん!」
生まれて初めてと言っていいほど、
私の中でグレーや△を受け入れられた出来事だった。
 
そこから2年。
現場の数から言って、
圧倒的に裕翔くんに比重は傾いているけど
おかげさまで、
悠々とグレーの世界を楽しんでいるよ。
だから、本当にいまは
感謝の気持ちでいっぱい!
 
但し、これは好きなものが増えた場合の
決断力のお話。
 
じゃぁ、もしそうでなくて。
好きなものが減る場合は
どう決断したらいいのか?
 
これに至っては正直、私自身も未経験だし
例えば、彼氏・結婚・妊娠・出産、就職・転職…
人生の岐路に立った故に、環境が変わったり
自然消滅していく感情は幾度と見てきた。
 
それは「好きなものが減る」とは、訳が違う。
それは、好きなものの比重の変化であり
決断力とはまたちょっと違う。
 
うーん、つまり何を言いたいか。
 
「もう応援出来ない」って気持ちの
処理の仕方ってどうすればいいんだろうって。
それがある日突然来たら、
どうしたらいいんだろうって。
 
夢いっぱいに、声高らかに、
イケるよ!売れるよ!!!!!って
想っていた気持ちが途切れるのを
目の当たりにするのって
なんでこんなにエネルギーがいるんだろう。
 
交点の先に向かう気がしてる一抹の不安を。
掻き消す何かが欲しいんだけど。
見当たらなくて。
ここに文字を連ねるんだけど。
 
でもね、交点を結べたことは
大きな大きな出来事です。
 
だからもしも、その時が来たら
「いつかまたね交点の先で」
そう、交点の先での再会を祈りながら
送り出したいと思います。
 
ちゃおちゃお。
 
2017年1月29日
UKI

To my homies

どうも。
UKIです。

本日1月25日は〜!
f:id:ukisuki005:20170125225250j:image
親愛なる、敬愛なる翔くんの!
35歳のお誕生日♥︎/

35っていう節目の年だし
何か色々書き綴りたいなって
思ったんだけども。
いざとなると
言葉が溢れてしまって…(´°ω°)
埒が明かないから、割 愛 ! 


いつも前を向く力をありがとう。

歩を進める力をありがとう。

踏ん張る力をありがとう。

翔くんが前を向いて、上を向いて
真っ直ぐに頑張っているから
その姿に負けないように
恥じないようにと
頑張れている気がします。

翔くんから降り注がれる
沢山の「コトノハ」に
叱咤激励されている日々。

今までもこれからも道しるべです。

正直、今年20代に
終わりを告げることに
ビビってひよっているんだけど
翔くんと同じ30代に
突入出来ると思ったら
ほんの少しだけ楽しみ!かも。笑

恥じない、相応の30代を迎えられるよう
準備しますね。

人生是一方通行。
ただ前だけを。

2017年1月25日
UKI

単純な愛で、僕らだけは本当の愛で

f:id:ukisuki005:20170109232156j:image

どうも。
UKIです。

映画「僕らのごはんは明日で待ってる
公開おめでとうございます!

まるっと約1年前に発表、
そしてクランクイン。
1年を経て経て、ようやくお披露目。
待ちに待っていました!

裕翔くんファンの私にとっては
裕翔くん主演映画2作品目。
前回とはガラッとイメージも違う作品。
大いに期待。

以下、文才なんぞ無いので
ただただ観た感想を連ねたい所。

小説が原作の今作品。
残念ながら、原作を読むのが間に合わず。
且つ、原作を読んでしまうと
映画との相違に気を取られてしまいそうなので
敢えて、市井作品のぼくごはを
私のぼくごはの基準にしようと挑みました。笑
モノは言いようかな?笑

さてはて、小春じゃないけど「総合評価」。
総じて、じんわり体温が温まるような映画
だなっと思いました。
本当にボディーブローのように
じんわりじんわり温かさがやってくる。
生きるの疲れたら観たくなる感じかも。
(あ、私全然病んでないですよ!笑)

今作品が謳う「うるキュン」。
その5文字では表現しきれない
「うる」と「キュン」がそこにあったと思う。
いま世に氾濫する「うる」と「キュン」とは
種別が違う気がする〜。
それが、良かった。心地良かった。

とにかく映像が、素朴で優しい。
主人公ふたりの空気感が
作り出しているのかもしれないけど、優しい。
空、堤防、あらゆる素材画もとっても穏やか。
穏やかだし、透き通ってるし。

そして音が心地いい。
咀嚼音、水道で手を洗う音、
キッチンの音。チキンに込める音、
車の走る音、鳥のさえずり、風の揺れる音…。
あらゆる生活の音が、
生きるとか、時を刻むとかを
表しているのかなーって思ってみたり。

そんな映像の中に
超ネガティブ男子の「葉山亮太」と
超ポジティブ女子の「上村小春」が
生きてる訳なんだけど。

高校生時代の亮太は
ほんっとに頼りなくて、暗くて(笑)
うだつの上がらない感じが
ほんとによく出ていたと思う!

そんな亮太に想いを寄せる小春。
はっきりモノ言うし、
でも所々に亮太のこと
ずっと見てたんだなって言う
亮太のことを好きって言動が散りばめられていて。
亮太が暗くて鈍感なだけに、
小春のアクションは応援したくなる。
…鈍感vs強がりだから全然噛み合わないけど。笑

そんなうだつの上がらない亮太を
変えていく小春との関係♡

大学生になって小春の影響で
少しずつ外見も中身も
変化していく亮太だけど
相変わらず鈍感なのはもう本質なのかなぁ。笑

自分探しの旅もやっぱり亮太より
小春の方が一歩上をいってる感じが
いじらしかったなぁ。
番号札で照れ隠しする小春は
最っ高にかわいいし
覗き込む亮太も最高!!笑

小春が生い立ちを吐露するシーン。
油まみれの力こもる指先がなんとも言えず。
その後の小春が未来を空想するシーン。
亮太が一気に小春を愛おしく思ってるのが
伝わってきて、嬉しくなるし微笑ましくなる!

それから月日を経て
ある日突然、小春から別れを切り出されるシーン。
「珍しいね、平日に」って。
あれは病院帰り(サードオピニオン帰り)
だったのかな。
一見、突然別れを切り出されるシーンで
亮太同様「え?」ってなるんだけど
ホントに病院帰り、そう思ったら
一気にあのシーンは切なくなる。
小春の別れる理由が、
小春の強がりを通り越して
支離滅裂なのに、
やっぱり鈍感な亮太には伝わらないし。涙

ここからのキーマン。
塚原とえみり。
もうどっちもキャンパスにいるいる。笑
ほんっとに塚原は学食にいるやつだし、
えみりはあーゆーモテふわ系女子いるいる。笑
こぞって飲みの席で、
自己紹介と共に秋刀魚のレモン絞るよな!笑
この二人無くして、
亮太と小春のどうしようもなさは
浮き彫りにならなかったと思う程に
重要人物だったと思う。
塚原は、もうこんな変なやつと
友達になってくれてありがとな!って気持ちだし
えみりの辛さは、
同性としてざまーみろ!と思う一方で(爆)
手に取るように辛かったー。笑

亮太の「俺ら」は口頭一番に発した時から
気になっていたよ。笑

自分の気持ちに気づいて、
小春の家を訪れるも
「もっと努力して!」
「俺もケンタも切り捨てないで!」的な。
どうしてそうなる。笑
全体を通して、亮太の鈍感さって
回を重ねて見れば見るほどに感じられると思う。
あれ1回じゃ拾いきれない。笑

小春の秘密を知った亮太。
あの病院の屋上のシーンの小春は強がりだし辛い。
きっと伏線だと思うけど
インフルエンザで休んだ時のピースと
リンクして喜と哀を表現しすぎてた。涙
「とりあえずそばにいさせてよ」
そう出たのが、偉いのかどうなのか。
とりあえずって何だよ!って思ったけど
何より正直な気持ちなのかな〜。

どうしようもない亮太が寄り添う深夜の病室。
おいおい不法侵入ー!とか
そんなやついるかーい!とかどっかで思うけど
それが不器用な亮太の心情だと思ったら
不器用すぎて泣いた。

そして、裕翔くん自身も言ってるけど
片桐はいりさんとのシーン。
ほんっとうにめちゃくちゃ良かった。涙
はいりさんに感謝、感謝。
若手青春映画じゃなくて、
少しピリッとスパイスを添えてくださったのは
はいりさんの演技です。
ああいう、長期入院のおばさんいるよね!って
言うのもあるし、
亮太の本音を引き出すキーパーソンでした。
あのシーンには
前を向くエッセンスが詰まってて
パワーをもらえた気がするよ。

カーテン越しに泣くの堪える小春もまた良かった。

気持ちに気づいたものの、途方に暮れる亮太。
いつもの望遠鏡から見える病院の屋上。
夢を断つ決断をして、
いまそこに向かう小春の誰にも見せない涙。
グッときた。
我慢…しなくていいよ…って思った。
でも、悔しくて言えないね?って思った。

亮太に隠していた彼女の秘密、
あぁーそういう秘密かよ!
と思った一方で、他人事じゃない何か
明日は我が身な話だし
それが夢なだけにすごい覚悟だし
素直になれない、傷つけたくない
だから身を引いて…
ここが「うるキュン」なのかよー!
思いつつも、
若いしフィクションだから
乗り越えちゃうよね!とかじゃなくて
若いからお互いを想うから
乗り越えて欲しいし、
気づいたらエール送ってた。笑

そこから亮太がほんとフィクション
ど真ん中を行くんだけど。
なりふり構わずに。
泣ける。涙
小春のためにカーネルさん抱えて走る。
泣ける。涙
そんなやついないよ!いや、いるんだよ!
真っ直ぐに小春に向き合ったら
不器用な亮太の答えはカーネルさんにあったんだな。
カーネルさんと握手した後、
ニコって笑う小春にまた泣けるの。

最後の退院のシーン。
新しい人生歩き出す2人に、
微笑ましさと切なさが漂って
嬉しいのに切ないの。
でも小春の言う
「平気にしてくれる人は葉山くんしかいない」
ほんとに、そんな人っていいなって思った。
私をいつも丈夫にしてくれる人がいいな。

最後のキスシーン。
これ傍から見たら「それ要る?」ってなるのかな?
もちろんあって良かったんだけど。
やっぱり不器用な亮太の
居ても立ってもいられなくなった気持ちの
矛先がキスになっちゃったのかなって。
…ほんっとに不器用。笑
でも思い溢れちゃったんだとしたら、
小春は強がりだから嬉しかったね、きっとね。

この後のカーテンの画で終わるのが
日常を表していてとっても好きだった。
いい感じに気持ちを着地させてくれる。

そして、エンディングにケツメイシ
それこそ自分が現役でうるキュンしてた頃に
めちゃめちゃ聴いてた人たち。笑
おおよそ10年くらいの月日を経て
こんな感じでまた交点結ぶなんて…運命ですね。笑
でも本当に。本当に本当に。
素敵な楽曲をありがとうございました!
まるっとあの曲の中に亮太と小春がいた。
そして、生きるとか生活するとか
誰かと時間を共にすることとか
考えさせられる。
私の結婚式では必ず使わせて頂きますね!笑

そんな感じで
ネタバレしないつもりが
感じたままに書いたらネタバレしまくり。笑

で、映画の掲げる「うるキュン」なんだけど。
総じて、病気して夢叶わなくて「うるうる」
そこから救ってくれて
ハッピーエンドな「キュン」。
んー、なんかそういうのとも違うくて。
不器用だけど互いに思いやる
その気持ちにうるっときて、
キュンというか、良かった良かった!ってなる
そんな映画だったかな。
少なくとも少女漫画のようなうるキュンは
私は見つけられなかった。笑

でもほんっとほんっとに、
ほわーっと温まる映画なので
是非是非興味なかった方も
気にしていただけると嬉しいです。
そして、感想教えてください!笑

そんな感じで〜
初見の感想文はおーしまい!笑

これとは別に
ただただ萌えたポイントは
また別に書き添えたいと思っておりますので(笑)
またおいおいお付き合いくださいまし!

では。

2017年1月9日
UKI

Happy new year to you !

どうも。
UKIです。

新年明けましておめでとうございます!

昨年中は関係各位
沢山!大変!お世話になりました。

本年も相変わらずな私な気がしますが
おひとつお手を拝借✋
何卒よろしくお願い申し上げます。

さてさて。
年末年始はTOKYOにて
JUMP単独東京ドーム公演と
華やかな年納めと年初めとなりました!

年始からイケメンの過剰摂取が過ぎて
どうしようね。眼福。
カウコンなんて、総勢99名のジャニーズ?
元旦から99名のイケメン見ちゃったら
もう今年1年出会う男性を人として見れるか
心配な領域です。爆

備忘録を書き綴りたいところ山々ですが
拉致があかなそうなので
近々こそーり残したいと思います!(宣言)

年末は、伊野尾担ちゃんとドタバタながらに
(ドタバタしてのは私が一方的にだけど。汗)
しっかり2016年のJUMPを見届けることが出来たし。
今年もね、これに懲りずにお供お願いしたい!(切実)

カウコンはシゲ担ちゃんと
あけおめ&おたおめコンになったな〜!
誕生日プレゼントにツアー発表されるってゆう
持ってるシゲ担ちゃんに笑ったわ♡
何だかんだで記録塗り替える宣言してるから
楽しみだね(*^^*)

年男〜袴姿無かったのは残念だったけど( ;∀;)
あちらこちらでキチガイ裕翔くん見れて嬉しかった!
前へ前へ行かないのが裕翔くんなのかもだけど
もっと前へ前へ行ける2017年になるといいな〜
なぁんて思いながら。
こちらもまた思うところ沢山あるけど
金八な髙木ちゃんはほんとに誇りだよ( ;o; )
WSでも使ってもらえて、よくがんばりました!

まさかの嵐登場に何しか涙出たけど。
翔さんが翔さんで今年も健在で幸せです。
(生きてるだけで幸せくれる翔さん異常。笑)

公演後には、V担ちゃんのお友達にも
初めましてだったり、
お久しぶりだったりして
会えて楽しかった〜。
ドームの前に2時間弱?
お話しながら居るなんて、10年ぶりくらいだわ。笑

そして元旦2公演は薮担ちゃんと〜♡
f:id:ukisuki005:20170107083910j:image
元旦コン〜てことで
浮かれて晴れ着参戦(◍ ´꒳` ◍)♡
付き合ってくれた薮担ちゃんに
感謝だわ〜!!

コンサートもね、
泣くわ笑うわ踊るわで忙しかった。笑
めっちゃ楽しかった( ;∀;)♡

翌日は、チームミスフロで
浅草寺初詣からの打ち上げ。笑
アラサー3人集まって
新年早々おたくな内容しか喋ってないけど。笑
今年も沢山集まる機会作れるといいな♡

JUMPの2日間を通して、
久しぶりに会えたお友達もいて
感謝♡感謝♡です!

そんなこんなで2017年の幕開け!

コンサートの余韻に浸ってたら
あっという間にいままた東京にいます。笑
去年以上に楽しい1年になりますよう!

皆さん今年もよろしく!

では、行ってきます!

2017年1月7日
UKI

Are you Happy ?



どうも。
UKIです。

あゆはぴな気分に乗せられて
ここを再始動したものの
あれよあれよと日常に流されていたら
もう年の瀬です( °_° )

皆さん!
今年も1年大変お世話になりました!

あゆはぴついでに年の瀬なので
ざっと総復習してみようかと思います。

以下、長文!注意!

■1月 単独カウコンin京セラ
f:id:ukisuki005:20161231035537j:image
年越しは第二の故郷 大阪は京セラにて
迎えました( ˆoˆ )/
カウコンはセトリが違ってて
愛ingとかスクガ聴けて嬉しかったな♡
元旦から髙木担ちゃんと
帰路のサンダーバードの中で
ギャーギャー言いながら帰ってきたのが
ちょうど1年前ですって。
早かったような、長かったような。
相も変わらず仲良くしてくれて
ありがとうな✌︎!

■1月 「ピンクとグレー」公開
f:id:ukisuki005:20161231035552j:image
裕翔くん 初主演 初映画 公開!
舞台挨拶の際は、
申し込み手伝ってもらったり
岡田担ちゃんからアドバイスもらったり
関係各位のおかげさまで無事!
公開初日を迎えました♡

……色々あったけど。爆笑

「裕翔くんの
"初"映画 "初"主演 "初"日 "初"上映は
人生に1度しか無いんだよ!!」
もう名言が過ぎるよ、岡田担ちゃん。涙
日の浅いわたくしめですが、
そこに立ち会えて幸せです。涙

仙台にも足を運んで。
地下鉄でばったり山田担姉妹に遭遇!
ってゆう珍エピソードもあったり
有岡担ちゃんに会えたり楽しかったな♬

豪雪予報の中、大入袋欲しさに
大ヒットまでスキューンとお台場。あはは。
北陸新幹線!最!強!!!
行って帰ってこれるかが
雪國の冬の遠征の最課題なので
帰路につけて安堵しながら食べた
今半のお弁当は格別に美味しかった。爆

そんなこんなで舞台挨拶込々で
トータル12回劇場通いましてん。爆
もう多いのか少ないのかわかんないけど
私のおたく人生で未だかつて無いよね。
御祝儀!御祝儀!笑

62分後の演出はほんと衝撃だったし
学生演じる裕翔くんも、
売れていく役者演じる裕翔くんも、
堕ちて行く裕翔くんも、
おっぱいに塗れる裕翔くんも、
ベッドシーンの裕翔くんも、
殴りかかっていく裕翔くんも、
まるっとまるっとだいすきだよ。涙

素敵な作品をありがとうございました!

■4月・5月 KAT-TUN 10Ks!
f:id:ukisuki005:20161231035608j:image
亀梨担に誘われて付き添い名古屋〜。

10周年 且つ 充電期間前最後のライブ。
そんな記念の公演にお邪魔させて
頂いてありがとうございます。

どちらかと言えばこの10年。
「二番煎じ」という対抗的な意識で
見てきた彼等だけど。
人数は半分になったけど、華があった。
衣装、特攻、照明、演出ひとつとっても
豪華絢爛な感じ。
あれはほんとその当時の彼が
敵視するのも無理ないと思う。
色んな想いの色んな期間のファンの方が
あの空間に居たと思うけど
肌で感じるほどに温かったよ。
そして何よりメンバーが
今までとこれからを言葉で
示してくれるのがとっても嬉しいね。

そんな私は感化されて、
そしてまさかの東京へ。
上田担ちゃん誘ってくれてありがとう!

■ジャニーズ野球大会
f:id:ukisuki005:20161231035641j:image
社会人初の有給取って、野球大会⚾︎

某騒動後で自担お葬式。爆

J WHITEにふさわしい顔面蒼白。爆
腰から90°のお辞儀を
360°に渡ってお届け。
ベンチでちねたんやらメンバーが
構ってくれるのに
しょんぼり自担。爆

そんな自担見ることないから
まぁ良い機会になったけども!笑
櫻井担ちゃんと笑うしかないなって
見守っておりました。

私は断然擁護派だし、
年上姉さんからしたら夢あるし、
リアルきみぺで良かったけども。
ま、加減を知りましょうね。笑

野球大会本編はほんと
自由奔放な塚ちゃんとマリちゃんが
超好感持てて帰ってきたよ!
あとやっぱりイノッチの回しは上手い!

楽しかった〜!!

余談だけど、ちなみにこの日。
有給にも関わらず、
仕事の電話鳴りまくりの
一大事案件にも見舞われたの忘れない(´・_・`)
…つまりは私も自担もお葬式dayだったってやつ。爆

■6月 嵐のワクワク学校
f:id:ukisuki005:20161231035656j:image
自名義は全滅だったけど、
松本担ちゃんが誘ってくれて
今年も登校出来ました〜!感謝!

何だろな、もはや嵐は安定感。

今年の助手はWESTで!
いやぁやっぱりどうしても前年の
JUMP生徒スタイルと比較してしまう…。

いやぁ、脱帽です。

グイグイ来る!
喋りが立つ!!
物怖じしない!!!
無敵やなっと。

よくよく詳しくは存じ上げないけども
関西で長くやってきた、
生え抜き魂みたいなのがあるのか。
客観的に見て面白いんやから
イベントとして成立してたんじゃないかな。

嵐もグイグイ行くしね。笑
あぁゆうワチャワチャな男子ノリ
好きだしね?笑

いやぁ面白かったです!!

■7月 主演連ドラ「HOPE」
現場では無いけども、記録ね。
色々あったけど、ゴールデンタイムに
初主演連ドラ!
ありがとうございます。

見てて辛くなること多かったけど
(ただ単にストーリーに感情移入してね?)
名だたる俳優さんの中で
諸先輩も同世代もいる環境で
お芝居させてもらえて
またひとつ良い経験になっただろうなぁ。

またドラマのお仕事が来ますように。

あ、ドラマで思い出したけど。
新春、堤監督に撮ってもらっていた!
「刑事バレリーノ」
これ、ほんっとすき。笑
あぁ言うぶっ飛んだ設定の役もいいなぁ〜。

■8月 DEAR.福岡&仙台
いよいよ私のツアー開幕!

f:id:ukisuki005:20161231035719j:image
初日は福岡から〜。
初の髙木担&伊野尾担3連番参戦!
なんなら伊野尾担ちゃんは初対面!爆笑
なのにあった時から、
「やっほー!久しぶりー!」
みたいなテンションで現れるしwww
福岡はずーっと
笑うか喋ってるか呑んでた気がする。
実質コンサートは1回しか入ってないのに
全ステしたくらいの充実感なんだろな。笑

チケット当ててくれた伊野尾担ちゃんが
スタンド後列でごめんねごめんねって
平謝りするも、入ったらスタトロ3列。爆
この参戦がこのツアー最初で最後の
伊野尾担ちゃんのために
3人で必死になって、アイドルへファンサwww
楽しかったな〜。

トンテキ、鉄鍋餃子、馬刺しに屋台。
梅ヶ枝餅にもつ鍋。
福岡タワーに太宰府天満宮
食も観光も大充実だったのが
今年の遠征の特徴かも!幸せ!

f:id:ukisuki005:20161231035734j:image
翌週は仙台。
髙木担ちゃんとスキューンと愛車のモコちゃんで!
愛車での仙台も2回目となると、
なんとなくペースは掴める。笑
きっとおたくしてなかったら、
自力で仙台まで行くことないと思う。(真顔)

松島の遊覧船が荒波の中を行く…
にも関わらず爆睡したり。
ホテルで部屋で爆睡して、
大浴場から帰ってきた髙木担締め出し状態にしたり。
時間無いのと悪天候で御釜断念したり。
珍道中も多かった仙台〜。笑

髙木ちゃんらぶりーずとの牛タンも美味しかったな。
穴子丼に、笹かま、生牡蠣と食も充実!
生の穴子の握りが絶品だった!感涙

初日はアリーナで
背伸びするちびっこ髙木担ちゃんを支えるために
お互い抱き抱える状態での参戦に爆笑。
2日目は自チケがスタンド小島前最前で(白目)
トータル一番裕翔くんに近いお席だったかな?

安定の山田担ちゃん姉妹とは
場所指定しなくても会えたり、
お友達にもよく会えた仙台でした!

■9月 DEAR.札幌
f:id:ukisuki005:20161231035748j:image
久しぶりの北海道〜!!
そして博貴担ちゃんが伊野尾担になって
おたく返り咲きの復活コン〜!!
ヒューヒュー!!

伊野尾担ちゃんが北海道初!ってこともあって
なかなかタイトに
翔さんばりのタイムスケジュール。笑

と、またもや食も大充実。(満腹)
テレビ塔に時計台、
北海道庁舎にクラーク博士と
観光も大充実。…足は死んだけどね。

とにかく伊野尾担ちゃんが楽しんでくれて
ほんとに良かったよ〜。
チケット交換してくれた伊野尾担ちゃんも
すごくいい子で感謝、感謝です♡

■10月 DEAR.横浜
f:id:ukisuki005:20161231035800j:image
だいすき有岡担ちゃんと参戦〜!
アリーナで見やすくて、
ありちねが絡む度にドキドキしながら(笑)
楽しいコンサートだった!
一緒にいる短時間の間に、
ハンバーグとつけそばとラテをキメるってゆう
胃袋も満たされたお時間〜。
沢山お喋りして、
髙木担ちゃんへのビデオレターも撮って(笑)
ほんっとに楽しかったな。
毎年楽しい時間をありがとう♡

というか、ミスフロ。
毎回私の足元のブロで
自担の薔薇コーナー行われるんだけど!
視界良好過ぎて、
私はいつも時かけの吾郎ちゃんの気分で
裕翔くん(翔平役)と女の子(美羽役)を
見つめているよ。涙
薔薇を渡す瞬間、
「恋を知らない君へ」が脳内で流れ出すよ!
毎公演、手越が歌ってくれるよ!←

f:id:ukisuki005:20161231035826j:image
次の日はコンサートには行ってないけど
福岡のメンバーで遊んだ!
伊野尾担改め薮担に変色を遂げて♡
薮担ちゃんはコンサート入らないのに
東京まで駆けつけて遊んでくれた〜涙
昼からサングリアとピザキメて、
ジャニショってゆ〜豪遊。笑

ZERO展にも行きました。
2006年に始まったNEWS ZERO
改編期毎に、まだそこに席があるのか
ドキドキした日々が懐かしい。
本人が望んでた報道の世界なだけに
続いて欲しいと願ってはいたけど
10年続いたことに、尊敬の念がやまないね。
キャスター 櫻井翔がそこにいました。
そして、前を向いて歩いていく力を
もらった気がする。

夜会で滝翔が行ってたお店の
その席で飲んだり、
その後にサムギョプサルキメたり、
胃袋友達ってほんと素敵〜。笑

そしてホテル帰ったら、
サプライズでお誕生日お祝いを
してもらって!感涙
浮かれてバスタブに
裕翔くん(うちわ)を置いたら
入浴(水没)しちゃいました!笑

■11月 DEAR.名古屋
f:id:ukisuki005:20161231035833j:image
オーラス!伊野尾担ちゃんと参戦!
なんだかんだでガイシもARASHICぶりなので
10年ぶりとか!驚き!

最終地点でも食は貪欲に!
味噌煮込みうどんに、手羽先。
喫茶店もキメたよ!
同期間、並行してアリーナツアー廻ってた
光一担ちゃんとの胃袋情報交換が
ほんと役立った☆

移動中に、いのおくんが
髪切ったツイートが流れて
伊野尾担ちゃんが大興奮したのが思い出。笑
ほんと車の窓曇るかなってレベルで
興奮してたwww

オーラスはもう見たいところを隈無く見ようと。
輪舞曲踊る裕翔くん見れたし
ビバナイで煽る裕翔くん見れたし
スパマンの登場シーン見れたし
Tasty Uも最高にかっこいいし。
強いてゆうなら、
チクタクでドラムのヘアーセットは
もっとバッキバキにキメてるのが好きです。笑

全アリーナ公演通して、
公演数はそんな多くないんだけど
日程出た時の行きたかった地方へ
行きたかったお友達たちと行けて
ほんっとにどの会場も楽しかったから
ほんっと悔いなし!大満足でした!

一緒に入ってくれた皆さん
会場出会ってくれた皆さん
ありがとうございました!!

■12月 Are you Happy? in大阪
f:id:ukisuki005:20161231035856j:image
春のアリーナ公演が壊滅だった時に
ワクワク学校が今年最初で最後の嵐だったら
どうしようかと松本担ちゃんと言ってたんだけど。

4年ぶりに!自名義で当選!涙
年内に、嵐のコンサートに行けて良かった〜涙

嵐の身内ちゃんたちと行ってきました〜。
それこそ2006年、10年前から
現場を共にするようになった身内ちゃんたち。
時は経っても、環境は変わっても
集まったらあの頃に戻れる感覚。懐かしいね。

久しぶりにガチガチに
コンセプトの決まってないコンサート。

最っっっ高だった!!!!!!!!!!

最初のOvertureはDVDに特典で入れて欲しい。
Ups〜の「挑めボーダーライン」とても良き。
いつも背中を押してくれる嵐コン。

今回はこれが最初で最後の嵐コンだったから
セトリとかも見た上で望んだんだけど
ソロ一発目が翔さん。
3年に1回くらいの周期でやってくる
ヘイ!ワールド!調なソロ。笑
あぁ〜こんな感じか!と確認したら
あまりにも暑すぎて、自担ソロ中に給水。←
すかさず松本担に
「担当のソロ中に給水って!
これやから年下の男に堕ちた女は!www」
言われたwwwすんませんwwwwww
To my homiesは…うん、好き。涙
DLIVEもゆるくて楽しかった!
智ソロはいつもと違って、
コメディ智が見れてよかった!
3104円みたいやなって思った。
潤ソロはいつもみたく作りこんでなくて
潤くんが純粋に楽しそうに歌っててよかったし
(色味のせいか、春嵐のソロみたく
ハッピーだった印象)
あの映像たちは泣ける。もう一回見たい。
Miles〜のリフター下を
白い輪が浮遊するのすき。
ニノソロ、Gimmickっぽさもありつつ、
ピンスポメインのライトの中で
踊るのが格好良くて。
モノトーンの世界が
ピングレの冒頭思い出しつつ。
どこかオルナシの潤くん思い出したりね。
からの〜相葉ソロ。爆笑
あんな快活軽快にハッピーにさせてくれるなんて!
そしてJr.に感謝状を贈りたい。笑
いやぁ楽しませてもらったわwww
からの〜青春ブギ。笑
お金のかかった壮大なくだらない感じ。(褒めてる)
超絶イイね。学ランも懐かしいよ。
久しぶりにファイトソングやエナジーソングも
心から楽しかったな♬
ぶち上げメニューでセトリ組んで来たと思ったら
最後の締めがDelight。
「過去が未来を照らしていく」
最後にまた、明日からがんばる力をありがとう!

MCでの翔さんのファンサに対する認識を
確認出来たのも面白かったし。
「嵐の今後のサービス向上にご協力願いたい」
もう、言い回しなwwwすきwwwwww

ほんっとにほんっとに、毎年毎年、
「今年もやっぱり最高じゃん!」
を体現してくる嵐。
カッコイイし、好きだし、ズルい。

今までもこれからも私の歩む指針です。
(重いけ大真面目)

と、ここまでなんと5518文字。
ざっとこんな感じで行く年2016年。

共に騒いで、笑って、泣いて、
飲んで、食べてしてくれた
お友達にありがとう!
大充実に駆け抜けた1年でした!

それでは締めくくりに、
本日、いざ東京ドームへ。

「Are you Happy ?」

「Yes! I'm very very Happy:D!!」

来年もよろしく!

2016年12月31日
UKI

Baby, welcome back !

どうも。

UKIです。

 

ご無沙汰デーな更新です。

気付いたら前回の記録から

1年経っていました。

 

ジャポに、単独カウコンに、

ピングレに、野球大会に、DEAR.っと

記したいこといっぱいあるのに。

 

「あとから」「落ち着いたら」とか

思ってちゃダメですね。

明日やろーは馬鹿ヤローだもんね。

 

その時の気持ちは、

その時に記しておかないと。

記憶も想いもが、

劣化も風化もしていってしまう~。

 

ってことで。

I'm Happy ! な気分に乗っかって

一応ここに再始動。(宣言)

その時々で感じたままに想うままに

140文字じゃ綴りきれないコトを

残していこうと思っております。

 

気が向きましたら、

ご一読頂ければ幸い。

 

to お付き合いくださる皆様

お手を拝借。

 

では。

 

2016年12月5日

UKI